STRATEGIC TRAINING SYSTEM

| トレーニングのホームへ | YYOKOTA.NETのホームへ |

体が本来持っている機能を最大限に発揮するためには、筋については勿論、内外環境、体内でおこるミクロ&マクロな様々な現象をひとつの大きなシステムと捉える必要がある。

STSトレーニングサイトでは、科学的、統計学的経験など多面的な角度から合理的トレーニングについて、その戦略と戦術を考えていくものとする。


※ 随時更新してまいりますが、最新でないものも出てきてしまうと思いますので、その点だけご了承ください。


トレーニング
トレーニングを行うにあたって
フィットネスを構成する16の要素
トレーニングの基本原則
その他のトレーニングの原則
トレーニング中の呼吸
フリーウエイトで行うテンションワークアウト
トレーニングのバリーエション
破壊力学から考えるトレーニング
刺激への適応(超回復)


スポーツと疲労
呼吸の属性
呼吸調整の心理的、生理的研究
換気中の筋活動
フリーウエイトとマシンの長所・短所
マシンの種類とその長所・短所
ウォームアップとクールダウン
充実したトレーニングを行うために
理想のトレーニング
アウトラインを考える
原因と結果



高強度トレーニング>両方を組み合わせたトレーニング>加圧トレーニング
トレーニングとリズム

食事、栄養
炭水化物
たんぱく質
脂質
食事の基本原則
ダイエットを行うためのポイント
プロテインパウダーか自然の食品か
タバコ、アルコール、カフェイン
ビタミン・ミネラルサプリメントを摂取する24の利点


ピーナッツの皮はブドウ種子エキスのライバルとなるのか?
PGC-1α
朝日、朝食と時計遺伝子の関係
PGC-1α:筋肉とエネルギー代謝への関係
エルゴジェニックエイドとしての水

放射線のための栄養素とサプリメント

食事頻度についての文献

活性酸素について

活性酸素の除去酵素
活性酸素の種類とそのはたらき
活性酸素と抗酸化物質
果物の糖組成
果物と菓子のカロリー比較
コレステロール


植物油の脂肪酸構成
脂肪分解のプロセス
腸内細菌
腸内細菌と慢性疲労における情動との関係
豆類と抗酸化作用
アンチオキシダントサプリメントは効かない?
アンチオキシダントランキングトップ20
ハーブを利用しよう
プロバイオティクスLKM12が寿命を延ばす?

栄養素
ビタミン
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
葉酸
ビオチン(ビタミンH)

ミネラル、電解質
ミネラル2(クロム、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン)
ミネラル1(種類と役割、生体利用効率に影響する要因)
ミネラル3(鉄、亜鉛、銅、コバルト、フッ素、ニッケル)
ミネラル4(マグネシウム、ナトリウム、塩素、カリウム、カルシウム、リン)
ビタミン・ミネラル一覧
アシドフィルス
アミノ酸
L-グルタミン
BCAA(分岐鎖アミノ酸)
L-アラニン
L-アルギニン
L-オルニチン
L-タウリン
L-スレオニン
L-リジン
含硫アミノ酸(L-メチオニン、システイン)
L-カルニチン

神経伝達物質
L-ドーパ
コリン
レシチン
L-チロシン
GABA(ギャバ)と血液脳関門とサプリ
神経伝達物質

サプリメント
カフェイン(全般)
カフェイン2
炭水化物とカフェイン複合摂取のグリコーゲン再合成における効果
カフェインによる骨格筋のインスリン作用減退は運動によって軽減される
カプサイシンとIGF-1の関連性
カプサイシンが自然発生高血圧ラットのIGF-1の血漿、組織内濃度に与える効果
カプサイシンとその同族化合物の局所使用における、マウスの真皮のIGF-1レベルの増加とヒトの肌の弾力性向上の関連性
カフェインが筋肉痛を抑える
クロロゲン酸
閉経によるほてり、のぼせとサプリメント
高湿度の場所にサプリを置かない
慢性的な浅い睡眠はインスリン感受性を低下させる
亜鉛と体臭
α、βアドレナリン受容体について考える
・クレンブテロール、β-作動薬は異なるメカニズムによって、神経支配のある筋、除神経されたラットのヒラメ筋の成長を促す

ヨヒンベとαヨヒンベ
BCAAのさらなる可能性
肉離れと捻挫
(侵襲下における)アルギニン、グルタミン
コラーゲン合成促進アミノ酸

ブラシノステロイド(植物ホルモン様物質)が持つアナボリック効果

トレーニング前後のEAAの摂取が、骨格筋におけるミクロRNA、筋成長因子に与える影響


ケア(怪我予防、疲労軽減、回復促進)
オーバートレーニングの主要な症状
オーバートレーニングを干渉する因子
オーバートレーニングが傷害の可能性に及ぼす影響
姿勢と筋・筋膜性機能障害
風邪
拘縮
筋による抗縮とROM制限
拘縮に対する物理療法


拘縮に対する徒手療法

ストレッチの効能
ストレッチの留意点
ストレッチの種類
スポーツ医学で行われる治療的様相
ストレス
低温暴露による身体への影響

長期間の熱ストレスによる筋量、筋力、遺伝子転写物について
慢性疲労症候群(CFS)の原因
ウォームアップすることに関連したメリット
MORA(下顎再配置矯正装置)
花粉症
ビジョンスキル
腰痛の仕組み
アレルギー
下痢
筋機能改善の理学療法
運動とストレス


拘縮と治療

アスリートフット(水虫)
指圧
炎症
筋肉の攣り
サウナ
TENS(経皮電気的神経刺激)

生理学、生化学
筋力を発揮するのための要素
ストレスと筋力の増強
筋の損傷と再生
筋の弾性と柔軟性
人間の筋の構造と機能
乳酸のコラーゲン生成と腱細胞増殖効果  

筋発達に関連する成長因子
成長因子の細胞内シグナル伝達
筋核数は一生ものか?
EPOC
骨とスポーツ
筋収縮のメカニズム
損傷と筋筋膜トリガーポイントのメカニズム
筋筋膜トリガーポイントの症状
トリガーポイント療法
神経伝達機構の疲労
細胞膜興奮機構の疲労
細胞内情報伝達系の疲労
収縮装置の疲労
エネルギー産生機構の疲労
ミオシン分子と力発生のメカニズム
エキセントリック収縮とそれに伴う損傷のメカニズム
ミオシン分子と力発生のメカニズム

その他
睡眠         
エピジェネティクス
プラシーボとノーシーボ
ホメオスタシスとアロスタシス
筋損傷の定義
筋の再生メカニズム
文献いろいろ@
・就寝前の室内照明の照射がメラトニンの発現と持続時間を短くする。
・プロバイオティクスのラクトバチルスパラカゼイF19は絶食誘導脂肪因子 [FIAF]=アンジオポエチン様蛋白質4(ANGPTL4))に関与することによって脂肪の蓄積を抑える

・腕を太くしたかったら、脚トレの後に腕を鍛える?

・手の平を冷やすことによってトレーニング中のパフォーマンスの低下を防ぐ。

循環系の概要
運動循環の調節
筋、筋膜性障害 
筋膜を構成するコラーゲン繊維の変化
筋に対する伸張刺激の影響

筋発達にはどの程度の刺激が必要なのか?

筋損傷−再生過程と適応
熱ショックタンパク質と筋萎縮
運動神経支配比