STRATEGIC TRAINING SYSTEM

| トレーニングのホームへ | YYOKOTA.NETのホームへ |


トレーニングを行う際、技術的な問題以外で最も優先させるべきことは目標設定です。これが具体化されない限り、トレーニングを行う効率は格段に下がるといっても過言ではありません。
1.生活の中でのトレーニングの位置づけ
体は資本であると言われますが、過度に求めると、時間的にもエネルギー的にもその他の事柄の優先順位は落とさざると得ません。無駄なエネルギーや時間を使わずに、自分にとって必要な結果を求めるために生活の中でトレーニングのどのような優先順位に置くか考える必要があります。
2.トレーニングの目的
次に考えることは、トレーニングの目的です。自分のトレーニングの目的は何なのか。健康維持、機能性の向上、筋肥大、ボディデザイン、競技能力の向上の人たちのトレーニングなど、重複する点があるとはいえ、目的によってはトレーニング内容は180度異なったものとなります。
3.トレーニング内容
トレーニング目的が定まれば、あとは1と2の項目に沿ったプログラムを作成、実施するのみとなります。

例えば、ボディデザインであれば、理想の身体のラインをイメージし、そこから必要な種目を選定する。

*首から肩にかけてのライン(首、僧房、三角筋)
*体幹の上部のライン(胸、上背部、中背部)
*腕のライン(三頭、二頭、前腕)
*体幹の中央のライン(下背部、腹)
*下半身のライン(四頭、ハム、内転、臀部、カーフ)


競技能力の向上であれ、健康維持であれ、特異性を考慮する(現状と目的に沿ったトレーニングを行う)という点は共通しています。
4.トレーニング内容のさらなる具体化
体の調子を左右する因子は、大きなことから小さなことまで多岐にわたりますが、これらをうまく調整、調和させることできれば、更なる効率化を図ることが出来ます。
  • トレーニング

    ・トレーニングを行う環境(設備、時間帯、気温、湿度)

    ・各部位の優先順位(弱点の改善、強みの強化、バランス重視)
    ・プログラムの構成(種目数、種目の順番、部位の組み合わせ)
    ・トレーニングの強度、頻度、ボリューム
    ・各種目のセット数、テンポ、インターバル
    ・トレーニング器具の使い分け(バーベル、ダンベル、ケーブル、マシン、チューブ、自重)
    ・トレーニングのフォーム
    (可動域の調節、動作中の肘、膝、指の角度、方向、姿勢、重心、重心移動、身体の使い方、呼吸の仕方)

  • 食事、サプリメント

    ・食事のタイミング、量、頻度、食べ合わせ
    ・活性酸素対策
    ・腸内環境の調整

    ・効果的なサプリメントの摂取の仕方

  • 内部、および外部環境の調整

    ストレッチ
    ストレスマネジメント
    ・生活リズムの調整
    ・生体リズム(神経系)の調整

    ・運動刺激によるホルモン分泌(トレーニング内容によってホルモンや成長因子の応答は変化する)
    ・心循環、抹消循環


  • トレーニングの実施

    ウォームアップ、クールダウン
    筋肉調整
    トレーニング前の食事、サプリメント摂取のタイミング、量、食べ合わせ
    ・電解質バランスの調節
    ・自律神経の調節

    ・メンタルセッティング

 
 
 
Copyright : YUKI YOKOTA