STRATEGIC TRAINING SYSTEM

| トレーニングのホームへ | YYOKOTA.NETのホームへ |

University of Georgia のVictor Maridakisらの発表によると、カフェインのトレーニング後の筋肉痛を抑える効果が50%と、ナプロキセン(30%)、アスピリン(25%)、イブプロフェン(一貫性のあるデータが取れなかった)よりも優位な数値を示した。これはカフェインがアデノシンと似たような構造を持っている事が関係していると考えられている。

アデノシンそのものには以下のような鎮痛、抗炎症作用がある。(以下、痛みと鎮痛の基礎知識より)

●ATPが痛覚過敏を引き起こすのに対して、アデノシンの髄腔内投与及び硬膜外投与により鎮痛効果が認められている。

●アデノシンはアデノシンA1受容体を介して鎮痛作用を発揮する。
●A1受容体に作用して、Giタンパクを活性化することにより、ATP依存性K+チャンネルを活性化し、神経細胞膜過分極を引き起こし、神経細胞電興奮の伝達を抑え、それにより鎮痛作用を引き起こす。

●肺障害や敗血症モデルにおいても、アデノシンの抗炎症作用が証明されている。アデノシン投与によって臓器障害が軽減したり、死亡率が減少したりする効果が認められていることから、ATPが炎症反応を増悪させることとは働きが逆になっている。

●関節リウマチでは関節内のアデノシン分解酵素(アデノシン・デアミナーゼ:ADA)により、アデノシンが分解され、関節炎が持続する。

●免疫抑制剤のメトトレキサートはアデノシン産生を刺激し、アデノシンが白血球や血小板や他の組織に存在するアデノシンA2A受容体に結合することによって抗炎症効果を発揮する。

●米国のXsira Pharmaceuticalsは2005年に米食品医薬品局(FDA)に点滴用アデノシンの治験新薬申請をした。術後痛の鎮痛目的でPCAでオピオイドを投与するときの副作用を軽減するため。

●針刺激はアデノシン分泌を高め、鍼治療による末梢性鎮痛効果にはA1受容体が関与する。
 
 
 
Copyright : YUKI YOKOTA