STRATEGIC TRAINING SYSTEM

| トレーニングのホームへ | YYOKOTA.NETのホームへ |


高強度トレーニング>両方を組み合わせたトレーニング>加圧トレーニング


東京大学の研究者によって、European Journal of Applied Physiologyにて発表された文献で、加圧と高強度トレーニング、その両方を組み合わせた場合の筋力、筋量の変化についてまとめられたものです。

結論を先に書きますが、大きな結果が得られた順番で、

高強度トレーニング>両方を組み合わせたトレーニング>加圧トレーニングでした。

つまり、健康な人、また怪我のないアスリートは普通に高強度で物理的刺激を与えたほうが早く結果が得られるということです。トレーニングをガンガンやっていた皆さんは身体で知っていた事なんでしょうけど。

加圧トレーニングはリハビリや高齢者の運動という分野において可能性の広げていくかなと。

Eur J Appl Physiol. 2011 Mar 1. [Epub ahead of print]
Combined effects of low-intensity blood flow restriction training and high-intensity resistance
Yasuda T, Ogasawara R, Sakamaki M, Ozaki H, Sato Y, Abe T.

22~32歳までの若い男性40名を無作為に

●75%1RMの高強度トレーニング(HI-RT)
●30%1RMの加圧トレーニング(LI-BFR)
●その両方を組み合わせたトレーニング(CB-RT)
●トレーニングなし(CON)

の4つのグループに分けて、それぞれ週三回(両方のグループは加圧2回、高強度トレ1回)、6週間に渡ってベンチプレスの挙上について比較した場合、、結果は以下のとおりとなった。

●1RM HI-RT(19.9%)、CB-RT(15.3%)、LI-BFR(8.7%, p < 0.05)
●最大等尺性肘関節屈曲 HI-RT (11.3%)、CB-RT (6.6%) 、LI-BFR 変化なし(-0.2%)
●三頭筋の断面積 HI-RT (8.6%)、 CB-RT (7.2%)、 LI-BFR (4.4%) 
●等尺性筋力 HI-RT (3.3%) 、LI-BFR (-3.5%) 、CON(-0.1%)
●動的筋力 HI-RT(10.5%)、CB-RT(6.7%)、 CON 変化なし




 
 
 
Copyright : YUKI YOKOTA